効率が大事!プログラミング言語を勉強するコツ

プログラミングを習得して高額年収を狙え

プログラミングを効率よく学ぶ方法

高額年収ならプログラミングだ!さあ勉強勉強!と言ってはみたものの、どこから手をつければいいのかすらわからない未知の世界。プログラミング言語の勉強が続かない人のほとんどは、できないんじゃなくて勉強方法が間違っているんです。継続のコツは効率化。できるだけ効率的にプログラミングを学ぶことができれば、できる楽しさを感じながら先へ進む意欲を燃やし続けることができますよ。

プログラミングを効率よく学ぶ方法
LINEで送る
Pocket

  • まずはどうすればいいの?

    まずはどうすればいいの?

    プログラミング言語に興味はあるものの、やってもやってもなかなか身にならないという人は、最初にやるべきでないことに手をつけています。基礎的なこともまるでわからないのに、いきなり応用から覚えようと思ったってうまくいくわけがありません。プログラミングスクールにでも行けば、とりあえずスタートラインに立てるかもしれませんが、課題を与えられるのを待っているだけなら成長しません。大切なのは、自分が今なにを学ぶべきなのかを明確に把握すること。Webアプリケーションを作りたいなら、Webアプリケーション関連の資料を集めましょう。1ページ目が理解できたら2ページ目というやり方ではなく、まずはざっくりと全体の概要を把握してください。そうすれば、なにから手をつけるべきなのかがぼんやりとでも見えてくるはずです。

  • 広げすぎないことがポイント

    プログラミング学習のために使える時間は有限です。忙しい合間をぬってしっかりとしたスキルを身につけるためには効率化が欠かせません。ただし、時間がない中で急ぎすぎてしまうと、広くて浅い勉強になりがちなので注意が必要です。学ぶべき分野をひとつ決めたら、ひとまずそこに全力投球してください。基本的なことをしっかりと理解できれば、他の分野へと移ってからの理解も早くなります。
    例えば、Webアプリケーションを自分ひとりで作りたいなら、HTMLやCSS、JavaScriptから1つずつ手をつけようとせず、先にRubyを徹底追求してみるのです。Webデザインやインフラは別のツールを活用するとして、ひとまず本丸の基礎から徹底的に片付けていきましょう。勉強していくうちに、他にどんな知識を補強する必要があるのかがわかってきます。そうしたら、学ぶべきことの優先順位を常に考え、優先順位の高いものから補強してください。なにもわからないところからプログラミングを学ぼうと思うと、途方もなく難しいことのように思えて圧倒されがちですが、どんなに優秀なプログラマーにも最初は必ずあるもの。気おくれせずに「やれば絶対できるはず」と自分を信じてコツコツ頑張ってみてくださいね。